3Dスキャン・リバースエンジニアリング測定事例

文化財計測②

2013年8月19日掲載


問題点・要望: 建設現場で人骨等の遺跡が発掘された。工事は決められた期間しか中断することが出来ないので形状を残す必要が出てきた。

  • 文化財計測②

  • 文化財計測②


解決方法

測定してSTLデータを取得してデータ保管する。 また、珍しい人骨に関してはレプリカを作成して現物は保管する。

  • 文化財計測②

  • 文化財計測②

  • 文化財計測②


効  果

埋められる足跡等は形状を残して埋めてしまうのだが、データが残っているのでのちの研究に使用される。また、レプリカは学会等でも発表され考古学に興味を持っていただく資料として展示されることになた。

  • 文化財計測②

  • 文化財計測②

  • 文化財計測②


ページの先頭へ戻る