3Dスキャン・リバースエンジニアリング測定事例

ARデータ作成

2013年8月19日掲載


問題点・要望: AR用の素材作成時にCGを一から作成していたのでは時間がかかってしょうがない。


解決方法

現物の色をSTL上で再現することもできるので、 測定時にカラー情報も同時に測定する。


効  果

形状とカラー情報を一度に取得することが出来、そのままARの素材として使用することが出来るので、測定できるものであれば作成工数の削減に貢献することが出来た。 また、測定データはスケーリングをかけることもできるので、サイズ調整もスムーズに行うことが出来る。


ページの先頭へ戻る