展示会のお知らせ  設計・製造ソリューション展

2012年4月 2日掲載

DMS12_BAN_468_60_J.gif

展示会のお知らせです。

本年度も東京ビックサイトで行われる

第23回設計製造ソリューション展に出展いたします。

本年度で4年連続出展となります。

年を重ねる毎に非接触三次元測定の需要が増えております。

計測はしたけれども、CADデータ化が難しいという企業様もご相談に参ります。

ブース内に各種資料、役に立つ事例を準備し、皆様のお越しをお待ちしております。

事前に相談したい内容がございましたら、以下よりお問合せ下さい。

 

メール:scan@hara-sss.co.jp

FAX:0268-38-3843

TEL:0268-38-3560     担当:原

 

具体的な検討事項がございましたら、是非、当日時間指定でお越しください。

 

 

DMS12_logo_J.jpg

 

 

 

 

【会期】

 2012年 6月20日(水)~6月22日(金)
  10:00~18:00 (22日(金)のみ17:00終了)

【会場】

 東京ビッグサイト >> 会場へのアクセス

【併催】

 設計・製造ソリューション展 専門セミナー >> 前回(2011年) 専門セミナープログラム

【同時開催展】

 >> 同時開催展ページはこちら
 第16回 機械要素技術展
 第20回 3D&バーチャル リアリティ展
 第3回 医療機器 開発・製造展 MEDIX(メディックス

 

過去に名刺交換させていただいた企業様宛にご案内状をお送りいたします。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

ページの先頭へ戻る


県内企業様にて3DSCANに関する講義をさせていただきました。

2012年4月 2日掲載

皆さんこんにちわ。

スタットレスタイヤからノーマルタイヤに履き替えの時期です。

会社の車両からプライベートの車両まで

この時期は原製作所のエアツールとフォークリフトが大活躍です。

社員に元ガソリンスタントマンがいるので、年に2回の大活躍です。

 

昨日、上田市内電気メーカー様にて

「3Dスキャナを活用した新しいモノづくり」と題して

特別講義をさせていただきました。

CIMG2724.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・現在の3次元CADを用いた物作りの工程について。

・3次元で設計で効率を上げても検査、検証工程におけるボトルネックの発生を解消法。

・曲面、複雑形状、収縮、反り引け、製造上どうしても発生してしまう事象の早期発見と対策。

・過去の製品をCAD化し現行の設計に取り入れる方法。

・X線CTを用いた内部形状検証事例。

・有機的なデザイン、形状をオリジナル商品に取り入れ、新しい商品づくり。

・STLから面を張るリバースモデリング手法について。

・カラーポリゴン計測、仮想空間(AR)技術の説明。

を約1時間30分で講演させていただきました。

 

CIMG2725.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短い時間で沢山の内容を詰め込み、足早の講義となりましたが、

参加頂いた方々からは、計測精度や、STLとCADモデルの再現精度、

計測方法に関する様々な質問を頂き、活発な意見交換をさせていただきました。

 

講義の後にスマートフォンを持ちた「AR」表示技術には大変興味を頂き、

これからの3次元データの活用の一環が見受けられました。

 

①3DSCAN→②STL【ポリゴン】→③リバースモデリング→④3DCAD→⑤IGES,STPE出力

と測定からCADまで工程があり、この間でどの程度精度が移行していくのか?

作業者による形状の違いがでるのか?

設計者目線からの適格な質問、ご意見を頂きました。

 

特別講義については全国どこでも伺っておこないますので、

お声掛け下さい。

 

 

ページの先頭へ戻る


日本商工会議所様より表彰をいただきました。

2012年4月 2日掲載

皆さんこんにちわ。

春の日差しが温かく感じられる季節になりました。

桜の開花が待ち遠しいですね。

 

先日、日本商工会議所様、長野県商工会議所連合様より

功労事業者表彰、感謝状を頂きました。

当日は上田商工会議所で議員の方々の前で表彰を頂き、

大変緊張いたしました。

 

IMG_0032.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後も引き続き地元雇用のため、良き会社を作るため、事業を拡大していきたいと考えております。

今後の原製作所をご注目下さい。

 

IMG_0028.jpg

ページの先頭へ戻る