カテゴリー

タイトル


月別アーカイブ

3Dスキャン後のデータはすぐに3DCADとして使える?

2018年7月 6日掲載

hara-3dscan-20180706.png

みなさんこんにちは、原製作所の原です。

3Dスキャン後のデータはすぐに3DCADとして使える?
結論から言いますと、
3Dスキャン後のデータは、すぐに3DCADデータとして使えません。

3Dスキャン後のデータは、ポリゴンと言われる三角形の細かい集合体のデータになります。
これをSTLデータと言います。
このSTLデータは、3Dプリンターなどで出力は可能ですが、一般的な3DCADソフト(ソリッドワークス、CATIA等)ではCADのデータとしては使えません。

そこで、このSTLデータから、精密な形を作り出す3DCADモデリングが必要になります。
この部分は、相当なノウハウや専門知識、経験が必要であり、
弊社が最も得意としている部分であります。

原製作所では3Dスキャンから、3DCADモデリングまで高精度かつ、精密に対応させていただきます。


-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------


ページの先頭へ戻る

展示会でお配りしているパンフレットを皆さんへ。

2018年7月 3日掲載

hara-3dscan-20180703.png
みなさんこんにちは、原製作所の原です。

展示会などでお配りし、大好評頂いている弊社のパンフレットが、
PDFにてダウンロード頂けるのはご存知でしょうか?


ダウンロード頂くにあたって、
お名前や、社名、電話番号の入力は必要ございません。

下記をクリックするだけです。(2種類ございます)




3Dスキャン、リバースエンジニアリングのアウトソーシングをご検討の方、
会議等の資料にお使い頂き、検討材料として頂ければ光栄です。

ご不明点があれば、お問い合わせください。

また、印刷されたパンフレットをご希望の方は、こちらのフォームより、
会社名、ご担当者名、電話番号を記載頂き、送信頂ければ、郵送にて発送致します。

-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る

製品・部材の変位変形量を視覚化、製品評価・材料検討に。

2018年6月29日掲載

hara-3dscan-inspection.png
みなさんこんにちは、原製作所の原です。
 
製品や部材に荷重を加えることによって、生じる
3次元的な変形量を、正確に計測、「変形変位量の見える化」を致します。
 
変形前後の表面形状を3Dスキャンでデータ化、
弊社の検査技術により、変形量をカラーマップで視覚的、ポイントポイントで、
変形量を数値化、結果をフィードバック致します。

任意の場所で断面を切り、変形量を抽出も可能、 
温度による部材の変形も同様に検査が可能です。


お問い合わせはこちらから
-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る

金型や図面がない!、あるのは現物のみ・・・。

2018年6月25日掲載

hara-3dscan--reverseengineering.png

みなさんこんにちは、原製作所の原です。

例えば、3Dスキャンで、
現物から図面を作ることができます。もちろん3Dで・・・。

昔の製品を復活させたい、旧車の部品を作りたい、文化財のレプリカを作りたいなど
様々な用途があると思われます。




原製作所のリバースエンジニアリング技術により、
現物を3Dスキャン、STL(ポリゴンデータ)より高精度3DCADデータを作成します。

これこそリバースエンジニアリングの基本。

お問い合わせはこちらから↓
-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る

東京ビックサイト、最終日賑わっています。(開催終了)

2018年6月22日掲載

haradms2018-3dscan.png

みなさんこんにちは、原製作所の原です。
 
本日は東京ビックサイトで開催されている、DMSに出展しています。
 
今回で10回目の出展となります。
 
弊社のブースでは、計測機材を持ち込み、
3Dスキャン、リバースエンジニアリングのデモンストレーションを行っています。
 
こちらのブースではArtecEva,ATOS,Leicaを使って大型フィギアの
計測デモンストレーションです。
 
さて、弊社では、こういった展示会でのデモンストレーションの他、
実際に製品を預かりしてサンプル計測、デモンストレーションを、
随時承っております。
 
きっと、原製作所の技術と、3Dスキャン、CADモデリングの醍醐味が
お分りいただけるのではないかと思います。
 
ご興味のある方は、是非ご一報ください。

-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る


前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11