比較検査

3DCADデータと測定データ、測定データ同士をソフトウェア上で重ね合わせ、偏差カラーマップで出力します。
形状の差異を瞬時に可視化出来るので、複雑な形状ほどメリットが大きいです。
製品の変形前後を測定し、変形量を偏差カラーマップで出力することも可能です。
任意の場所で断面を作成し、形状比較することが可能です。
表面偏差と同じく、指定ポイントでの偏差確認も可能です。

肉厚分布

板材の表裏を測定することで、視覚的にわかり易いカラーマップ表示をすることができ、指定ポイントでの肉厚検査が可能です。
プレス品ベンド部の板厚分布、樹脂成形品の肉厚検査等が可能です。

幾何公差検査

平面度、位置度、円筒度等の幾何公差検査が可能です。
幾何公差設計を行った際の検査方法として活用ができます。

プリミティブ偏差

平面、円柱等指定した測定形状に対して、プリミティブを作成。
その仮想プリミティブに対する偏差を確認することで、
フランジ面の歪み、円筒部の歪み等の確認ができます。

内部組み付け検査(X線CT)

製品を組み上げた状態で内部の干渉、ギアやツメ、シーリング等の組み付け状態の確認が可能です。
切断することなく測定が可能なので変形の心配がありません。

変形量検査

重量物を保持するためのロボットアームや組み立て治具の加重前後の変形量を3次元で把握が可能です。
各ポイントの変形方向と移動量をベクトル表示可能です。

デジタルアセンブリ

組付け前後の部品を計測しデータ上でアセンブリすることで、
目視では確認できない実物部品同士の内部干渉やクリアランス等の検査が可能です。
金型合わせ面の干渉、摺動部品の干渉、部品クリアランス検査等に活用できます。

このページの先頭へ