リバースモデリング・リバースエンジニアリング

測定データはSTLと呼ばれる三角パッチで形状表現されます。
CADとの比較や寸法検査等の各種解析、光造形やSTL対応CAM等にはそのまま使用できますが、通常の3DCADに読み込んでも編集ができません。

原製作所では、STLを編集可能な3DCADフォーマットにモデリング致します。

CADモデル化によるメリット

●図面、3Dデータの無い製品、現物合わせで製作した製品や金型等の再制作が可能。
●試験モデル、モックアップ等の手作り品を忠実にデータ化が可能。
●CAE解析を行う際に、現物に忠実なモデルを使用することで、解析精度が向上。

測定精度と点間ピッチとは

点間ピッチと測定精度模式図3Dデジタイザで形状を計測すると、形状はソフトウエア内で点群データとして取得され三角パッチで 表現されます。データ出力時にSTLやOBJ等のメッシュデータに変換されます。
●測定精度とは!?
測定精度とは、三角パッチ頂点座標のワークに対する位置精度を指します。
●点間ピッチとは!?
三角パッチの1辺の長さを指します。細かければ細かいほど詳細に形状を再現できます。

このページの先頭へ