原製作所は高精度3Dスキャン(非接触三次元測定)・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です。3DCADモデリングは高度な技術が必要なため、原製作所が最も得意としているサービスです。弊社での保有機器は、ATOS、TRITOP、Leica Laser Trackerなど業界で最前線を行く機器を多数保有しています。リバースエンジニアリングのことなら原製作所にお任せください。

高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門の原製作所

今日はです
3次元測定グループ: 0268-38-3560

電話受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

   具体的なご相談はこちらから

   お問い合わせ

建設現場で遺跡を発掘。三次元測定によりSTLデータ化し形状を保存。

建設現場で遺跡を発掘。三次元測定によりSTLデータ化し形状を保存。

問題点・要望

建設現場で人骨等の遺跡が発掘された。
工事は決められた期間しか中断することが出来ないので形状を残す必要が出てきた。

解決方法

三次元測定し、STLデータを取得、データを保管する。
また、珍しい人骨に関してはレプリカ(光造形など)を作成して現物は保管する。

効  果

埋められる足跡等は形状を残して埋めてしまうのだが、データが残っているのでのちの研究に使用される。
また、レプリカは学会等でも発表され考古学に興味を持っていただく資料として展示されることになた。