原製作所は高精度3Dスキャン(非接触三次元測定)・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です。3DCADモデリングは高度な技術が必要なため、原製作所が最も得意としているサービスです。弊社での保有機器は、ATOS、TRITOP、Leica Laser Trackerなど業界で最前線を行く機器を多数保有しています。リバースエンジニアリングのことなら原製作所にお任せください。

高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門の原製作所

今日はです
3次元測定グループ: 0268-38-3560

電話受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

   具体的なご相談はこちらから

   お問い合わせ

組立精度の三次元測定による検証

組立精度の三次元測定による検証

問題点・要望

10M程度のワークを組み立てる際に設計通りに仮組できているかどうかがわからない。パーツ毎にひずみがあるので、どこで位置を出したらいいのかが不明確。

解決方法

パーツ毎に測定しておき、個々のひずみを予め把握しておき、その後デジタルアセンブリを行い、CADデータと比較を行った。また、仮組後にATOSでの測定を行うことでポイントだけではなく全体での評価を行った。

効果

これまでポイント毎の評価しかしていなかったために、評価ポイント以外の偏差が事前にわからなかったが、デジタルアセンブリを使用することで予め形状のゆがみを考慮した組み付け状態を指示することが可能になった。 また、組付け時に矯正量の調整を行うことで、精度の高い組付けが行えるようになった。