原製作所は高精度3Dスキャン(非接触三次元測定)・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です。3DCADモデリングは高度な技術が必要なため、原製作所が最も得意としているサービスです。弊社での保有機器は、ATOS、TRITOP、Leica Laser Trackerなど業界で最前線を行く機器を多数保有しています。リバースエンジニアリングのことなら原製作所にお任せください。

高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門の原製作所

今日はです
3次元測定グループ: 0268-38-3560

電話受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

   ご相談お見積もり

3Dスキャン後のデータはすぐに3DCADとして使える?

みなさんこんにちは、原製作所の原です。
3Dスキャン後のデータはすぐに3DCADとして使える?結論から言いますと、3Dスキャン後のデータは、すぐに3DCADデータとして使えません。
3Dスキャン後のデータは、ポリゴンと言われる三角形の細かい集合体のデータになります。これをSTLデータと言います。このSTLデータは、3Dプリンターなどで出力は可能ですが、一般的な3DCADソフト(ソリッドワークス、CATIA等)ではCADのデータとしては使えません。
そこで、このSTLデータから、精密な形を作り出す3DCADモデリングが必要になります。この部分は、相当なノウハウや専門知識、経験が必要であり、弊社が最も得意としている部分であります。
原製作所では3Dスキャンから、3DCADモデリングまで高精度かつ、精密に対応させていただきます。