3Dスキャン・リバースエンジニアリング測定事例

競技用船舶計測

2013年8月19日掲載


問題点・要望: 船体を作成する金型が手作りで左右非対称でできている。 帆を操作する穴や金具の取り付け位置も、船体基準で取り付けているので左右非対称になってしまう。

  • 競技用船舶計測


解決方法

ATOSで船体を丸々測定し、ミラー反転したデータと比較することで左右の違いを修正。また、ベストフィットを駆使して船体の中心を導きそこからの距離で金具等を取り付けた。

  • 競技用船舶計測

    測定の様子

  • 競技用船舶計測

  • 競技用船舶計測


効  果

金型の修正には時間がかかったが、金具等の部品を左右対称位置に取り付ける事で船のスピードと安定性がUPした。


ページの先頭へ戻る