原製作所が考えるものづくり

3次元測定グループ写真

現在のものづくりにおいて製品開発と3DCADは切っても切れない関係となりました。
全国のものづくりの現場で3DCADを使い、設計、研究、精度向上、品質向上等に努めています。しかし、3DCAD(デジタル)を用いて製品製造を行い実物(アナログ)になった途端、データのサイクルが途切れ、検査や品質管理、設計へのフィードバックにおいて、ボトルネックとなっているのが現状です。
私たち原製作所でもものづくり設計において幾度となくデジタルとアナログの隔たりに悩まされてきました。そこで原製作所ではこれまでの経験を生かし、非接触3次元測定機を使用したデータサービスを展開することと致しました。3DCADと実物を非接触3次元測定で繋げ、検査領域までのデータ有効活用を行い、更には図面の無い実物からの3DCADデータを作成するサービスを展開することで、ものづくりのループを完全に繋げ、スピードアップを図ります。
これは大きな時代の革命ではないでしょうか。
今はなんでもスピードの時代。効率をあげ、確かなものをつくるためには時代にあった技術とノウハウが必要です。「ものづくり」において今迄見えていなかった部分の発見や、良い悪いを判断し、適正、かつ確実に「ものづくり」ができるような技術提供をしたい、そう考えています。
そして、私たちは常に新しい事にチャレンジし、提案型企業を目指します。これからの原製作所にご期待ください。

写真:原製作所 原洋介

このページの先頭へ