カテゴリー

タイトル


月別アーカイブ

メッセ名古屋2018出展のお知らせ

2018年9月24日掲載

3Dスキャン・リバースエンジニアリング・レーザートラッカー計測ならお任せください。
全国、出張にて三次元計測も行っております。

皆様こんにちは。
展示会出展情報をお知らせします。

中部地区最大級の商談展示会に出展いたします。
皆様お越しください。

第13回を迎える大規模なビジネス展示会
メッセナゴヤは、愛知万博の理念(環境、科学技術、国際交流)を継承する事業として2006年にスタートした「異業種交流の祭典」。業種や業態の枠を超え、幅広い分野・地域からの出展を募り、出展者と来場者相互の取引拡大、情報発信、異業種交流を図る日本最大級のビジネス展示会です。

名称::日本最大級異業種交流展示会「メッセナゴヤ2018」
会期 :2018年11月7日(水)〜10日(土)
会場 :ポートメッセなごや(名古屋港金城ふ頭)
開場時間:前10時〜午後5時
(但し、9日(金)は午後6時まで10日(土)は午後4時まで)
入場料:無料


代表の原によるセミナーを下記日程で開催いたします。
10:30〜11:15
セミナーA会場
3Dスキャン技術を活用したものづくりについて
講演者/有限会社 原製作所 原 洋介
担当者/原 洋介 TEL.0268-38-3520

皆様是非お越しください。


ページの先頭へ戻る

講演のお知らせ

2018年9月14日掲載

3Dスキャン・リバースエンジニアリング・レーザートラッカー計測ならお任せください。
全国、出張にて三次元計測も行っております。

皆様こんにちは。
セミナー開催のお知らせです。
弊社代表 原による建築業界向けのセミナーが開催されます。
お時間のある方は是非お越しください。

詳細については日本工業出版㈱様のHPよりご確認下さい。


開催日
2018年9月14日(金)13:00~16:30
会場
東京会場 日工セミナルーム東京(東京都文京区本駒込6-3-26 日本工業出版ビルB1)
参加費
32,400円 税込(講演テキスト含む)
ご確認ください※3名以上ご参加の場合お一人27,000円
  ※関連書籍ご希望の方は割引で提供致します。
    関連書籍(1)「三次元ビジョン入門」-月刊「画像ラボ」別冊2017年10月発刊 1,080円税込
    関連書籍(2)「竣工事例にみる注目の建築設備」-月刊「建築設備と配管工事」別冊2017年4月発刊3,240円税込

定員
30名
主催
日本工業出版(株) 月刊「画像ラボ」・月刊「建築設備と配管工事」・月刊「検査技術」



講座内容
3:00~13:30 最新3D・2D技術の実情 青柳 祐司
(一社)三次元スキャンテクノロジー協会
三次元スキャンテクノロジー協会が保有している最新技術動向から、3Dスキャンから画像処理までの適用方法を紹介し、さらに海外を含めた最新技術動向に関するトピックスなどを紹介する。

3:40~14:30 3Dスキャンを活用した建物調査業務の事例紹介 角田 賢明
(株)ジャスト
建物調査における3Dスキャンの活用メリットと適用事例を紹介する。

4:40~15:30 建造物を対象とした3Dスキャン測定技術 原 洋介
(有)原製作所
製造業で主に使われている3Dスキャンは建築物を対象にするために、必要となった技術や適用した事例を紹介する。さらに、最新3Dスキャナーの用途と特徴を紹介する。

5:40~16:30 建築構造物に特化した3Dデータ活用手法の提案 高橋 祐輝
三井E&Sシステム技研(株)
建物等の建築物や、トンネル等の建造物を対象とした大型施設に対応する3Dデータ活用の事例を紹介。さらに数億点にもなる3Dデータの解析処理に向けたソリューションを提案する。

よろしくお願いします

ページの先頭へ戻る

出張三次元計測のおおまかな流れ

2018年7月30日掲載

hara-3dscan-20180730.png

みなさんこんにちは、原製作所の原です。

弊社の主力サービスである、出張三次元計測の
おおまかな流れについてお伝えします。
 
①お問い合わせください。
②訪問させて頂き、計測物の確認や、場所、計測方法などの打ち合わせや、ヒアリングを行います。
③後日お見積もり、および工程表を提出致します。
④ご契約
計測当日
⑤現場にて機材搬入設置
⑥計測開始
⑦現場にて簡易レポートを提出
⑧撤収
⑨検査、モデリング(原製作所計測ルームにて)
⑩データ・レポートなどの納品
 
以上がおおまかな流れとなります。
 
計測物や、場所、検査内容によって計測の工程は変わります。
御社にあった計測内容のご提案を致しますので、
お問い合わせ頂くのが最も早く、確実です。

プロモーションムービはこちらをご覧ください。
 


お問い合わせはこちらから
-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
メールフォームでのお問い合わせはこちらから
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る

3Dスキャンできないもの

2018年7月19日掲載

hara-3dscan-20180723.png
みなさんこんにちは、原製作所の原です。

先日、3Dスキャンできないものってあるの?という質問が寄せられました。

そうですね、できないものといえば、気体、液体でしょうか?

レーザーや光学式は物体の表面を計測するので、内部が難しいですが
静物はもちろん可能ですし、
X線CTスキャンを使えば内部も可能です。(透過できる厚みに制限はありますが。)
粘性の高い液体であればX線CTで計測できる可能性がございます。
高温下、冷温下は装置動作が出来ないので出来ませんね。

動的物は
ライカレーザートラッカーを導入したことにより、
動きのあるロボットや機械なども計測できるようになりました。

お問い合わせはこちらから
-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
メールフォームでのお問い合わせはこちらから
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る

ミクロから最大φ120mの測定物に対応

2018年7月12日掲載

hara-3dscan-20180712.png

みなさんこんにちは、原製作所の原です。

よく私どもに、このサイズは3Dスキャン可能か?という質問が寄せられます。

弊社の計測範囲は、ミクロから最大φ120mの測定物に対応しています。

ミクロの計測物は昆虫の羽根、シボ凹凸、米粒表面凹凸、

最大Φ120mといいますと、大型航空機や、ロケット、大型発電設備の3Dスキャンも可能ということになります。


また、弊社の3Dスキャン計測スタッフ全員高所作業車運転資格を取得しておりますので、
高所での3Dスキャンもお任せください。


詳しくはこちらへお問い合わせください。
-------------------------------------------------------------------------------------
原製作所では3Dスキャン、リバースエンジニアリングに続き、
新たにレーザートラッカー計測を受付中です。
 
TEL. 0268-38-3560(3次元計測グループ直通)
国内外、どこへでも出張計測致します。
-------------------------------------------------------------------------------------

ページの先頭へ戻る


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11