原製作所は高精度3Dスキャン(非接触三次元測定)・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です。3DCADモデリングは高度な技術が必要なため、原製作所が最も得意としているサービスです。弊社での保有機器は、ATOS、TRITOP、Leica Laser Trackerなど業界で最前線を行く機器を多数保有しています。リバースエンジニアリングのことなら原製作所にお任せください。

高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門の原製作所

今日はです
3次元測定グループ: 0268-38-3560

電話受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

   ご相談お見積もり

関西設計製造ソリューション展2014出展のお知らせ

出張三次元測定、受託測定、リバースエンジニアリング、3Dスキャンのアウトソーシングの原製作所です。

来週から開催される「関西設計製造ソリューション展2014」に出展いたします。

dmsk_14_logo_download.gif

関西での展示会出展は3回目となります。

 

昨今の3Dプリンター技術の注目が上がり、3Dデータの重要性も皆さんに理解して頂けるようになってきました。

現在の3Dスキャナは、計測すれば直ぐに3DCADで使用できると誤解をされている方が沢山いらっしゃいます。

3Dスキャナーで取得できるのはSTLというポリゴンデータ(三角メッシュ)であります。パソコン画面上ではくるくる回したり、拡大縮小ができ、形そのものが立体として表示されますが、3DCADデータではありません。

本当に設計で使えるデータにするには、形状から数値を読み取り、設計者が専用のCADを使用してモデリングをし、初めて3DCADデータとなります。

今回の展示では、STLから3DCADにするまでの工程や、計測のメリットとデメリット、これからの可能性について展示を行います。

お近くの方は是非お越しください。

お待ちしております。

CIMG3175.JPG

開催概要

第15回関西設計・製造ソリューション展 DMS
会期:9/24(水)~26(金)
会場:インテックス大阪
ブース番号:25-76(5号館 3次元測定ゾーン)
http://www.dms-kansai.jp/

会場図

http://www.dms-kansai.jp/To-Visit/floorplan/