原製作所は高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です

原製作所は高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門会社です

今日はです
3次元計測グループ: 0268-38-3560

受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

高精度3Dスキャン

High precision 3D Scan

あらゆる形状を計測し、3Dデータ化いたします。
取得されたデータは、光造形などによる造形物の作成、各種検査や解析に利用、また、CADモデリング化することにより、忠実な図面を起こすことが可能となり今までわからなかった“形状の見える化”が可能です。

エンジンの計測

CAE解析用メッシュを作成し、様々な解析を行うための材料に。

ポイント

計測物を高精度に3DスキャンしSTLデータ化、STLから3DCADデータにモデリングを行います。正確な3DCADデータからCAE解析用メッシュの作成が可能となり精密な解析が行えます。

01

計測ワーク

02

高精度3Dスキャン

03

STLデータ化

04

3DCADモデリング

05

3DCADモデリング完成

06

形状検査

07

CAE解析用メッシュ

航空遺産“飛燕”の修復

現存する唯一の機体で情報が少なく修復の為には図面が必要ですが、製造当時の図面は存在しません。

ポイント

高精度3Dデータ化技術により、機体を3Dデータ化、正確な3Dデータにより、リベット跡1つ1つや表面の凹凸、修復の痕跡もすべて高精細に3Dデータ化が可能です。

01

計測ワーク

02

高精度3Dスキャン

03

STLデータ化

04

3DCADモデリング

05

3DCADモデリング完成

3Dデータから復元された飛燕

昆虫を計測

自然界の形状からヒントを得るため、昆虫の羽や足を3Dデータ化羽表面を3DCAD化し、CAE解析に掛ける事でエネルギー効率の良い製品開発の基礎データ取得ができた。

ポイント

最小10ミクロンまで計測可能なため、昆虫の羽の細かな部分まで計測可能です。

01

計測ワーク

02

高精度3Dスキャン

03

STLデータ化

04

3DCADモデリング

05

3DCADモデリングデータ完成