原製作所は高精度3Dスキャン(非接触三次元測定)・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を主体とするリバースエンジニアリング専門会社です。3DCADモデリングは高度な技術が必要なため、原製作所が最も得意としているサービスです。弊社での保有機器は、ATOS、TRITOP、Leica Laser Trackerなど業界で最前線を行く機器を多数保有しています。リバースエンジニアリングのことなら原製作所にお任せください。

高精度3Dスキャン・3DCADモデリング・3D形状検査・レーザートラッカー計測を 主体とするリバースエンジニアリング専門の原製作所

今日はです
3次元測定グループ: 0268-38-3560

電話受付時間:8時30分から18時まで (土日・祝日・弊社定休日は除く)

   ご相談お見積もり

レーザートラッカー計測

Laser tracker measurement

Leica AT960を保有、国内で計測サービスを行っているのは原製作所のみ

“Leica レーザートラッカー式非接触3次元測定システム”導入により、様々な計測に対応可能です。
弊社で保有するレーザートラッカー Leica AT960は測定精度No.1のレーザートラッカーです。
このレーザートラッカーを用いて計測サービスを行っているのは国内では原製作所のみ。海外を見てもあまりありません。
そんな高精度で信頼のあるレーザートラッカーを用いて様々な製品の計測を行います。

レーザートラッカー計測設備のご紹介

AT960

AT960

リフレクターをレーザーで捉え正確な3次元座標情報を取得します。
ロボット動作軌跡の動的追尾も可能です。

T-probe

T-probe

先端のスタイラスのサイズを変更することで、穴径や入り組んだ形状の座標情報取得が可能です。

T-Scan

 T-Scan

赤色ラインレーザーを対象ワークに投影し、物体表面の形状を正確に取得します。
黒色、光沢に強くなりました。

どんな計測が可能なのか?

大型構造物、大型設備の正確な寸法測定が可能

門型CMMに入らない製品や動かせない加工品等、大きな製品を高精度に寸法測定いたします。

PART01
PART01

PART01

Leica AT960、T-Scan、ATOSを組み合わせて3Dスキャンが可能

大きなワークをLeica AT960、T-Scan、ATOSを組み合わせて3Dスキャンができます。
従来のATOS、TRITOPでは計測が難しかった10m越えの大きな製品も正確に3Dスキャン、3Dデータ化が可能です。

PART02
PART02
PART02

動的な計測が可能

LeicaAT960レーザートラッカーの特徴の一つにサンプリングスピード1/1000秒と早いことにあります。
これは1秒間に1000回座標を計測していることになりますので、リフレクターを動かしたときにその動きに追従して座標を取得し続けます。
この特徴を活用して、工作機械など、繰り返し動作の精度や動的軌跡の検証が可能です。

長年使用している機械は部材の歪みや摩擦の為に思うとおりに動いていない事があります。
例えば直線的に動く装置も長年使用しているとレールや筐体に繰り返し荷重や熱変形が加わり、途中で歪みが生じたりすることがあります。この状態を放置しておくと、機械の破損や生産品の品質悪化に直結しますので、いち早い補正が必要となります。
弊社ではトラッカーの強みを生かし、このような機械の状態をトラッカーにて数値化いたします。止まった状態と動いている状態では挙動が変わる場合は動かしながらの計測に対応いたします。

動くおもちゃにて動的追尾を再現

対象物にリフレクターを設置
AT960で計測
軌跡をデータとして蓄積

補足

本体から直線距離で60mまで、遮蔽物が無ければ正確な座標測定が可能です。
リフレクターを任意の位置に接触させ、リフレクター球体の中心座標を測定いたします。また、4点を触って平面、6点を触って円筒等様々な幾何形状の計測も対応いたします。
製品の裏側等は直接レーザーが届かない為、T-Probeという特殊なプロービングツールを使い裏側を正確に座標測定します。通常の場合、影になる部分はトラッカー本体を動かさなければいけませんが、T-Probeを使う事で、プローブが届く場所であれば本体を動かさなくても計測出来るため・計測精度・計測効率が向上いたします。
様々な現場経験を活かし、お客様に最適な計測サービスをご提供いたします。

様々な計測に対応
レーザートラッカー計測メニューはこちらから

ステレオカメラ方式とレーザー方式との違い

ATOS(ステレオカメラ)

●色
黒色、赤色系、透明、光沢面はパウダー塗布が必要
●装置
スタンドへ固定して計測を行う。
精度の高い計測を行うにはマーカー貼り付けが必須。
表面形状の再現性が高いので細かいディテールや、
完全な立体形状の取得に効力を発揮。
被写界深度を生かし入り組んだ形状も奥まで
形状取得が可能。

Leica+T-Scan(レーザー方式)

●色
すべての色、表面状態に対応可能(透明を除く)
●装置
ハンディスキャナを持ち運べるので、
レーザーで追尾できる範囲は移動可能。マーカーレス。
機動力を生かし、大きな製品や座標情報取得等に効力を発揮。
被写界深度が浅いので極端に入り組んだ形状は不得意。

共通点:可搬式なので、どこの現場でも持ち込むことが可能。
お客様の現場で高精度な3Dスキャン・リバースエンジニアリングサービスをご提供いたします。

レーザートラッカー計測範囲

リフレクターはφ120m、T-ProbeとT-Scanはφ40mまで計測可能です。

計測範囲

レーザートラッカー計測ムービー